コイズミ家具のあゆみ

コイズミ家具のあゆみ

生活の洋風化で、ダイニングテーブルの更なる普及が見込まれる頃、本来廃材となるラバーウッドを材料として採用することを決定し、工場投資を行いました。資源枯渇への対応とコストダウンを両立させたこの動きはすでに現在の環境活動でした。

終戦直後は食生活のインフラ復旧のため、電気やガス・石油の調理器具を販売していました。それらは、台所で使われるものであり、自然とそこから台所そのもの、つまり、流し台を取り扱うことが始まりました。

住居の洋風化に合わせてダイニングテーブルを販売する中で、コイズミは鍋料理の不便さに着目しました。ガスコンロの準備の手間をいかに除くか。こんな出発点から料理のできるダイニングテーブル「晩餐」が開発されました。発表直後から新しい生活提案として爆発的なヒットをしました。

昭和41年、めざましい経済発展によって人々の生活にゆとりが生まれ、教育熱が高まりました。これにともなって子供部屋、勉強机の需要が活発になってきました。コイズミは、自社の照明技術を生かして、業界初の「蛍光灯付学習机・蛍雪」を発売。46年には蛍光灯+白熱灯の「ライダーデスク」を発表しました。仮面ライダーのキャラクター人気と合わせ空前の大ヒットとなりました。

家具調コタツのヒットの先に見えてきたものは、床でくつろぐという新しい生活でした。和室ではなく洋室におけるフロアリビングは極めて新鮮な生活提案でした。

学習机の新しい販売促進として、テレビCFの放映もスタートしました。3C時代の中で、新入学児童のいる家族への訴求効果は極めて大きく、これによって「学習机」が一般化することとなりました。

昭和48年には家具調コタツ「四季の集い」を開発。それまであったコタツの概念から離れ、インテリア性の高い座卓に暖房機能を付加した製品は、年間を通じて使える全く新しいジャンルの家具として一世を風靡しました。

オーソドックスな家具市場において、コイズミの発表する製品は新しい生活そのものの提案でもありました。そのため、売場づくりにも従来の単品展示ではなく、生活空間の概念が必要となりましたが、これが「生活がよくわかる」展示として、後の売り場づくりをリードすることとなりました。

木製の家具が主流を占める中で、コイズミはもう一つの素材、ラタンに注目しました。ラタンは自然素材の味わいを持ちながらも、硬軟いかようにも組めるという特長があります。「麻衣子の部屋」シリーズを始めとする充実の品揃えは業界に新風を巻き起こしました。

子供がはじめて学習に取り組む場にこそ木のぬくもりを。こんな想いを元に、業界で初めて天然木を使った学習デスクを発表しました。以降、「木のつくえ」時代が始まることとなります。

それまで学習机と言えば、本体と棚の一体型が主流でした。コイズミは上級生になれば、平机として長く使えるよう棚の取り外しと素材・構造の耐久性を実現し、「6・3・3で12年」のキャッチコピーとともに、広く普及しました。

「家は一生家具は三代」とは日本人の家具に対する伝統的な考え方です。しかし、コイズミは高度経済成長の中で起きる暮らしの変化をいち早く展望し、「家具=生活道具」というコンセプトを打ち立て、「ノアの家」、「サファリ」、「ウェストコート」と親しみのあるカジュアル感覚の家具を続々と発表しました。

90年、時代は流し台からシステムキッチンへ完全シフトしていました。しかし、設備としてのシステムキッチンには細部において生活のディテールに合わない面もありました。家具を生活道具として研究を続けるコイズミはここに着目。家具調の仕上がりと機能性を合わせ持ったキッチンファニチャー「フレーズ」を発売しました。

80年にコイズミが打ち出したコンセプト「家具=生活道具」は、常に暮らしを見つめる姿勢から生まれたものです。そして94年、ついに次のステージへ登るキーワード「生活賢具」が生まれました。発売されたアイテムはすべて、知恵のある道具としてお客さまを唸らせました。

「Moving」という機能と、アクセントの効いたカラーリングで広く認知のあるOSLOブランド。 ’99年、OSLO(オスロー)ブランドの商権保有先である日本発条(株)と小泉産業との間で、製造、販売、製品特許などを含む包括的な商権譲渡契約が交わされました。「家具は生活の道具」とするコイズミの先進的な考え方と、OSLOのコンセプトには共通するところがあり、この提携によって新たな息吹が吹き込まれるとの期待が高まりました。

照明の分野で早くからインバーター器具の開発に取り組んでいたコイズミは学習デスクの照明にも業界に先駆けてインバーターライトを導入。これによってデスクの新しいスタンダードを確立しました。

本格的にパソコンデスク市場に参入開始。WINDOWS95の発売によりパソコンデスクが急成長。後に「HOME STATION」としてパソコンデスクブランドに成長した。

世界のキャラクター「ディズニー」とのライセンス契約。限定取引先とディズニー社との3社コラボレーションの先駆となりました。その後学習家具との全面タイアップに発展しました。

住宅や家具素材の有害性が問題化する中で、コイズミは学童を対象とする学習家具こそまず第一に取組むべき商品であると考え、「健康デスク宣言」のもとにホルムアルデヒド、ダイオキシン対策など健康・安全・環境の面から徹底した対策を講じました。

従来の子供部屋「COCO」シリーズに世界の良質キャラクターを付加した新事業「KID'S ROOM」をスタート。学習家具に新風を巻き起こしたまさしくコイズミらしさの集積です。

高齢社会の進展に伴って介護需要の大きな増加が予測される中で、自社の販売網を活かした新規事業として高齢者・介護関連事業に取組みました。パラマウントベッド(株)、(株)ケープ、日進医療器(株)など介護機器専業大手メーカー8社との販売提携を柱とするもので、お得意先からもお店の活性化とビジネスチャンスの創造につながるものとして、大きな期待が寄せられています。

子供の初めての小学校入学は、お母さん方にとって未知のことや不安が一杯です。そこでコイズミは入学用品などの基本的な情報提供の他、お母さんたちの情報交換の場として活用いただけるホームページを開設しました。開設以来の総アクセス数は15万件にのぼり、入学児童をもつお母さん方の情報源として定着しています。

01年のISO9001に続き、’02年、ISO14001の認証を取得しました。特に14001は単一の業務部門だけでなく、経営戦略から製品の企画・設計、購買、営業そして物流に至るすべての部門を包括したもので、環境経営に向けたすべての機能の認証取得となります。

建築・デザイン分野の出版社として有名なイタリアのデザイン誌『L’ARCAEDIZIONI(S.P.A)』より、当コンペが世界の若い学生たちのデザイン能力向上に向けて社会的に大きな役割を担うものであると認め、暦年の入賞作品を紹介する特集号 「あかりのありか=The way of light」が編集、発刊されました。

グループ設立60周年記念事業の一つとして、従来の学習家具の開発形態を一新したシリーズです。子どもの生活研究をベースにデザイン活動を行なうイタリアのデザイナーと子供部屋家具のノウハウを持つコイズミのコラボレーションから生まれた新ジャンルの製品はこれまでの学習家具の流れを一変させるものとして内外から評価されました。

成長する子供たちの学習環境を充実させる家具を豊富に展示しています。専任のスタッフが、あらゆるご相談にのり、お客様それぞれのご要望に合わせたプランをご提案しています。

家具デザイン通じて学生達の創造性を世界に向けて発信させたい、という人材育成を大きな目的としてスタートさせました。第1回のテーマは「こどものくうかん」、国内外から18作品が寄せられました。これから家具に携わる人材育成に貢献する作品展へと発展させていきたいと考えています。

お客様からのお問い合わせや部品供給などに迅速に対応するために家具専門のお客様相談室と部品センターを設立。またお客様に安心してお使いいただくために、様々な環境試験ができる「コイズミ家具検査センター」を設立しました。

環境マネジメントの国際認証ISO14001につづき家具分社としてISO9001を認証取得。学習環境家具の企画、設計、開発、製造委託、販売の事業活動において安全性と信頼性の高い製品を提供して参ります。

業界で初めて学習デスクの照明にLEDを採用。 蛍光灯とLEDを合わせたカクテルライトで、より快適な学習空間づくりを実現しました。2011年には LEDのみを光源とするハイパワーデスクライトを開発。 電球色と昼白色の組合せによる調色機能も装備し、空間演出の幅を広げました。

新入学児童向け学習家具で培ったノウハウを大人向け書斎家具へ展開。コイズミの独自性を注入し、ワイドな収納力に、スリムでありながら快適な作業スペースを実現。WISEシリーズを皮切りに、書斎市場へ本格参入となりました。

2000年の介護保険法制定を期に介護機器事業をスタートさせて5年目を迎え、介護機器とは別に健常な高齢者を対象とした電動ベッド事業を本格化させました。学習環境家具事業とは別にもうひとつのビジネスとして拡大しつつあります。

「机+上棚」から「机+書棚」への発想転換。これによって机と書棚が合体式、分離式どちらでも使えるようになり、お子さまの成長に合わせてレイアウトも使い方も自由自在にステップアップできるようになりました。翌年発表された業界の新製品の主流は、殆どがこの方式となりました。

高齢者の寝起きをサポートする、コイズミのエイジング電動ベッドの動作機能「らくアップモーション」。中でも背部が上がりきっても脚部をフラットにする「フットフラット」機能は、従来の2モーターでなく1モーターで動作(特許申請中)。新開発のシンプルな機構が、さまざまなメリットを生み出しています。

コイズミのカタログ
  • デジタルカタログ
  • カタログ請求
ページの先頭へ戻る