シニア家具 在宅ケアベッド選び FUNCTION

在宅ケアベッド選び FUNCTION

使用者様に心地よく過ごしていただき、介護する方の負担を考えた在宅ケアベッド。

垂直昇降機構

30~60cmまで垂直に昇降するため、壁際に設置でき、無駄なスペースをとりません。

高さへの不安を解消

安心してベッドから乗降できる低床を実現。高さによる転倒などの不安を解消しました。座る時も、足が床につきやすいので安定して座れます。

腰や肩の負担を軽減

ベッドの高さが最大60cmまで上がりますので、介護者の腰等の負担軽減に役立ちます。

「らくアップモーション」

背部が上がりきった状態の時、脚部がフラットなじょうたいになるので、ベッドからの移動がより快適になりました。

背上げ時に約7cm後方へスライドするので、起き上がり時の腹部圧迫を軽減、背抜きが楽になっています。

身体への負担を少なく

起き上がり時に体のズレをおさえる山型脚上げと脚のむくみを軽減させる水平脚上げを、簡単に切り替えることができます。

2種類のモーター

ページの先頭へ戻る