学習机 特集・コラム

あなただけのこだわりの書斎机を!

アイテム紹介家具の選び方ワークスペース
あなただけのこだわりの書斎机を!

はじめに

生活様式の変化に伴い、自宅で過ごす『お家時間』も増えました。家族との時間を大切にすると同時に、個人のスペースを確保したいと考える方も多くいるのではないでしょうか。かねてから一人で落ち着いて過ごす場所として「書斎」が欲しいという声が聞かれましたが、テレワークも普及し執務エリアとしての需要も高まっています。

「書斎」と言っても、現在ではその用途は多岐に渡ります。本記事ではさまざまな要望に対応する書斎にぴったりな机を選び、環境を整える方法をご紹介します。おしゃれで快適な書斎机をぜひ見つけて、お気に入りの場所を作ってくださいね。

書斎机の主な用途とは?

書斎机の主な用途とは?

書斎と聞くと、どのような部屋をイメージしますか?「読書や書き物」用の場所として、文豪や学者などの知識人が過ごす部屋。どことなく重厚感があり、天井まである本棚に囲まれた空間の印象もあるかもしれません。現在ではその用途はもっと幅広く捉えられるようになりました。

テレワークでの仕事部屋、趣味を楽しむ場、リラックスできるパーソナルスペース。さまざまな形で「書斎」のニーズがあります。まずは具体的にどのような場所が求められているのかを見てみましょう。

読書がしたい

書斎と言えばやはり「読書」。調べ物や研究目的はもちろん、落ち着いて寛ぎながら読書を楽しむために書斎を利用する人は以前からたくさんいました。

一人で静かに読書に向き合う場所があることで、リラックスすることができます。電子書籍を利用する方も増えましたが、集中して読書ができる空間はいつの時代も必要ですよね。

学習がしたい

仕事や趣味に関わらず教養を磨くために、大人になっても学習をする方はたくさんいます。専門性の高まる大学生や社会人になってからも資格取得を目指している方などは、集中して勉強をすることがあるでしょう。

ダイニングテーブルなど、家族の共有スペースを使うこともあるかもしれません。しかし資料を広げなければならないことも多く、より快適に集中して取り組むために専用の書斎が求められます。

在宅勤務やテレワークがしたい

社会の変化に合わせて、企業に勤めながらも自宅で仕事を行う方が多くなりました。国の政策としてもテレワークは推進されており、今後ますます多くの企業で取り入れられていく働き方になることが予想されます。

オンライン会議や電話でのやり取りなども行う在宅勤務では、ストレスなく仕事を進めるためにも一人で業務ができる場所が必要です。そのため書斎や仕事場は絶対に必要ですよね。

リビングやダイニングを読書や作業スペースに代用している方は、ローテーブルやダイニングテーブルを使用していると思います。またそれに見合ったソファやダイニングチェアは、主に寛ぐために作られており長時間の作業や集中した仕事・学習には不向きです。

最近では、そういった家庭用家具を業務に代用することで、からだへの負荷がかかり「テレワーク疲れ」と呼ばれる症状に悩まされる人もいます。書斎机はもともと書き物などの作業をすることを前提に作られているので、疲れににくい工夫が生かされた設計となっているのでおすすめです。

趣味や副業に専念したい

オンラインゲームや動画視聴など、パソコンやインターネットを利用した趣味は年代を問わず多くの方が楽しんでいます。中には本格的に動画編集・配信をされている方もいるのではないでしょうか。

またハンドメイド作品を作り、フリマアプリやSNSを使って販売するなど趣味を生かした活動も一般的になってきました。専用の機材や道具を収納し、作業ができる机のある書斎は趣味部屋としても活用できます。

自分だけのパーソナルスペースが欲しい

自分だけのパーソナルスペースが欲しい

自分の好みに合った書斎机や書斎コーナーは、作業効率のアップやモチベーションアップにつながる気がしますよね。

学習や仕事など、集中力の途切れやすい作業やすこし面倒に感じてしまいがちなことも、好きなものに囲まれていたらやる気が出ます。インテリア性を高めるものや作業効率のあがる機能など、こだわりを持って選んだ机なら気持ちよく取り組めるでしょう。

また自分専用のパーソナルスペースは集中力があがり、作業を継続して行う力が自然に生まれます。広さや機能性だけではなく、自分にとってのこだわりや安心してリラックスできる場所を、書斎机を中心に作ってみてはいかがでしょうか。

書斎机の選び方:サイズ

デスクのサイズは幅90㎝~180㎝ほど多岐に渡り販売されています。

小さめのノートパソコンのみの利用や、読書やちょっとした書き物など作業スペースがそれほど必要ない場合は、幅70㎝・奥行45㎝ほどのコンパクトサイズでも十分です。

A4サイズの資料を広げながらのパソコン作業は、幅100㎝・奥行60㎝は確保したいところですよね。

※実際の広さの感じ方は、ご自身の体形や壁に囲まれているなど設置場所によっても変わるので、机だけでなく空間全体を意識しながら検討してみてくださいね。

用途
90cm以下比較的コンパクトなサイズで読書やちょっとした書き物などにおすすめ。リビングの一角にも置きやすいサイズ
100cm一般的な幅で学習やノートPCの利用に適している
120cm以上大きめなサイズでPCモニターを2つ横並びで配置できる程度の大きさ足元にワゴンを収納してもゆっくり座われるサイズ
奥行用途
48cmA4とB5のノートを縦に並べて置けるサイズ。読書や学習、日記や手帳の記入に。
55cmコンパクトサイズ。学習やノートPCの利用が可能。
60cm以上一般的な学習机の大きさでデスクトップも設置できる。テレワークに。

書斎机の選び方:用途別

組み合わせ自由の『WISE(ワイズ)』

組み合わせ自由の『WISE(ワイズ)』

たくさんの資料や豊富なパソコン周辺アイテムを収納したい方には、書斎机にプラスして大型のシェルフがほしいところですよね。

デスクの片側の脚を外してシェルフやサイドデスクと連結することができ、自分好みの組み合わせを選べるWISE(ワイズ)シリーズがおすすめです。

シンプルモダンなデザインと天然木の前板が大人な高級感を感じさせるワイズは、デザイン性だけでなく拡張性や機能にもこだわりがあります。

コンパクトと上質感の両方の願いを叶える『Faliss(ファリス)』

コンパクトと上質感の両方の願いを叶える『Faliss(ファリス)』

昨今流行りのミニマリストの方にはシンプルでコンパクトなFaliss(ファリス)デスクもおすすめです。

デスクの奥行きを最小48cmに設計しているため、限られたスペースに書斎机を置きたい方に最適です。ノートパソコンで仕事をする方やそれほど資料を広げずに作業ができる場合にはコンパクトな書斎机を置くのも良いでしょう。

天然木のナラ材を使用しているため高級感を損なわないのも魅力の1つです。ナチュラルテイストなデザインで、書斎部屋がまだなくリビングの一角にデスクを置く場合でも雰囲気に馴染ませることができます。

座りっぱなしを卒業したい方におすすめ『ULTAGE(アルテージ)』

座りっぱなしを卒業したい方におすすめ『ULTAGE(アルテージ)』

座りっぱなしのデスクワークを卒業し、ワンタッチ電動昇降デスクを導入したい方、お部屋の角のデッドスペースを上手に活用して自分だけのパーソナルスペースを作りたい方には、コイズミのULTAGE(アルテージ)シリーズがおすすめです。

おわりに

テレワークの普及や趣味の多様化が進み、書斎は読書や書き物だけでなく便利に使える部屋として、多くの人に求められるようになりました。また自分だけの空間があることで、リラックスして過ごせるようになり、暮らしの質もあがります。

書斎を作る際のコツやオススメの書斎机をご紹介しました。自分好みの書斎机を見つけて、ぜひお気に入りの場所を整えてください。