目が疲れにくいテレワークのライトの条件とおすすめライト3選

快適にテレワークをする男性

はじめに

ご自宅のテレワーク環境を整える際に、「ライトもこだわって選びたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。特に長時間のテレワークでは目の疲れを感じやすいため、目に負担のかかりにくいもの、さらには用途にマッチする使い勝手の良いものを厳選して取り入れたいところです。

そこで、今回は「テレワーク向きのライト」をテーマに、まずは快適に作業するために必要な照明環境について詳しくまとめました。そのうえでテレワーク用ライトの選び方を詳しく解説しながら、コイズミがおすすめするテレワークにぴったりなデスクライト3選をご紹介します。

ぜひこだわりのライトを取り入れて、テレワークがより快適になるようなお気に入りのワークスペースに仕上げましょう。

 

テレワークで活用できるライトの種類

テレワークライトと机

一口にライトと言ってもさまざまな種類がありますが、テレワークに活用しやすいライトとしては主に「デスクライト」「リングライト」「モニターライト」の3種類が挙げられます。

まずはそれぞれの特徴をチェックし、どのようなタイプがご自身の作業内容に合っているのかを見極めておきましょう。

 

慣れ親しんだ王道ライト:デスクライト

デスクライト

テレワーク用のライトとしては、上記の写真のような「デスクライト」を思い浮かべる方が多いかもしれません。デスクライトはスタンド照明とも言われる小型の卓上照明器具で、学習机用のライトとして多くのご家庭で取り入れられています。

デスクライトにおける最大の特徴は、机全体を広範囲に照らせること。そのため、資料やノートなどを机の上に広げながら作業を行う場合に適したライトです。

一般的に自立するスタンド式タイプが多くみられますが、コの字型の金具で机の天板を挟み込む形で固定する「クランプ式」、クリップで天板を挟んで設置する「クリップ式」といったタイプも存在します。また、電源の種類としてはコードの付いたコンセントタイプと充電式・電池式のコードレスタイプに分かれるため、デスク周りの環境に合うものを選ぶことが大切です。

 

ウェブ会議で好印象:リングライト

リングライト

「リングライト」は、LEDライトがリング状に配置されているタイプの照明器具です。主に被写体を明るく照らすためのライトで、肌をきれいに見せられることから「女優ライト」とも呼ばれています。

もともとリングライトは写真や動画撮影の際に用いられていましたが、近年ではWEB会議やオンライン飲み会用として取り入れる方が増えてきました。表情が明るく見えることで相手に好印象を与えられるため、クライアントとの大切な会議や商談などで大いに役立ちます。

形状としてはスタンド式やクリップ式、三脚式などさまざまで、ライトの色も白色やオレンジ系など商品によって異なります。デスク周りの環境はもちろん「どの位置から光を当てて使用したいのか」も考慮すると、自分に合ったリングライトを見つけやすくなるでしょう。

 

スペースがいらない:モニターライト

モニターライト

「モニターライト」は、パソコンのディスプレイ上部に取り付けて固定する、あるいは乗せて使用するタイプの照明器具です。タイピングをしているときの手元を集中的に照らすことを目的としており、テレワークスペースが暗い場合や、夜に部屋の照明を暗くしてパソコン作業をしたい場合に向いています。

机の上ではなくディスプレイの上に設置するため、デスクスペースを広く活用できる点もモニターライトならではのメリットです。また、手元と画面との明暗差が少なくなり目への負担を軽減できる、手元に影ができることもなく快適にタイピングできるなどの魅力もあります。

テレワークにおけるライトの重要性

 疲れ目の女性

 

テレワークにライトが重要な理由

快適にテレワークを行うためには自分に合ったライトを取り入れることが重要ですが、その主な理由としては「テレワークの浸透によって目に不調を感じている方が増えてきている」ことが挙げられます。

2020年にライオン株式会社が20代~60代の男女計300名を対象に実施した調査によると、外出自粛生活によって最も疲れや不調が増えた部位は「目」との結果となりました。具体的には全体の64.7%、テレワーク実践者に絞ると72.0%が「目の疲れを感じている」と回答しています。

目の不調はストレスや不眠を引き起こす恐れがあり、集中力低下によって生産性が下がる場合もあるかもしれません。そういったさまざまな弊害を取り除くために、テレワークに適したライトを取り入れるといった「目への配慮」を行うことが大切です。

出典:【ライオン・外出自粛下の“目の疲れ・不調”に関する実態調査】 外出自粛で約3人に2人が目の疲れを実感! しかし、目の不調があってもケアをしている人は約半数  運動不足やストレスのケアに比べ、目のケア意識は不足?|ライオン株式会社

 

目に不調を感じる原因

ではなぜテレワーク生活で目に不調を感じる方が多いのか、考えられる3つの原因をチェックしていきましょう。

 

パソコンでの作業時間の増加

最も大きな要因といえるのが、「パソコンを使用した作業時間の増加」です。上記でご紹介したライオン株式会社による調査では、テレワークへの移行によってパソコンの平均使用時間が4.5時間から5.7時間に増加しているという実態が明らかになりました。

テレワークの場合は対面ではなくWEB会議での打ち合わせが多いこと、さらには業務のデジタル化が浸透しつつあることが、パソコンの使用率増加に大きく影響していると考えられます。

 

目に対するケアをしていない

上記のライオン株式会社による調査では目のケアに関する統計も取っており、その結果「全体の約6割は目のケアをしていない」ことも判明しました。また、実際に目の不調を感じている方であっても、約半数の方は特に何も対策していないと回答しています。

テレワークの普及によってワークスタイルが変わっても、疲れ目などの不調に対して対策を講じている方はまだ少ないようです。

 

職場と自宅の作業環境が違う

職場と自宅の作業環境が異なることも、目の不調を招くひとつの原因です。

多くのオフィスでは、従業員が安全かつ健康に勤務できるように「明るさの基準」が定められています。具体的には労働安全衛生規則の「最低照度」とJIS照明基準の「奨励照度」を元に、作業内容に応じた明るさになるように設定・管理されています。

一方で自宅の照明は「心地良さ」が配慮された明るさであるケースが多く、職場のような作業のしやすさを考慮した照明環境が整っているわけではありません。そのため、手元が暗くて目が疲れる、あるいはまぶしくて目がチカチカするなど、目に負担を感じる方が多い傾向があります。

 

テレワークに適切な照明環境

「ではテレワークに適した照明環境とはどのような状態なのか」と疑問に思う方もいるかもしれません。基本的な指標を知るために、厚生労働省の定めるガイドラインに注目してみましょう。

厚生労働省が令和元年7月に発表した「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて」という文書のなかでは、心身への負担を軽減する作業環境として以下のような管理が推奨されています。

 

  • 室内の明暗の対象が著しくなく、まぶしくない環境
  • 書類やキーボード上の照度は300Lx以上にする
  • 書類やキーボード面と周辺の明るさの差はなるべく小さくする
  • 間接照明等を用いて明るさの調整を行う

出典:情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて|厚生労働省

※なお上記ガイドラインは令和3年12月1日に一部改正されています。上記ガイドラインを参照する場合には下記の「新旧対照表」も併せてご確認ください。

参照:「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて」新旧対照表|厚生労働省

目に疲れや不調を感じている方が増えてきている現在において、上記のような環境を整えたうえでテレワークを実施することは大変重要です。目への負担が軽減されると作業効率アップにも繋がるため、テレワーク向きのライトはぜひ準備をするとよいでしょう。

※1:Lx(ルクス)とはライトに照らされたデスク面の明るさを表す指標です。

テレワークに適した環境についての記事は別の記事で詳しくご紹介しておりますのでそちらも合わせてご覧ください。

テレワークに適したライトの選び方

選び方のポイント

厚生労働省の定めるガイドラインを参考にしてテレワーク向きのライトを取り入れたいところですが、ライトは種類が多いため「どのようなタイプを購入したらいいのかわからない」とお困りの方もいることでしょう。そこで、ここではテレワークに適したライトを選ぶポイントをご紹介します。

 

必要なライトが何かを見極める

まずは自宅の照明環境を踏まえたうえで、「どのような種類のライトが必要なのか」を見極めることが大切です。

もしもすでに作業しやすい照明環境が整っている場合は、WEB会議用として「リングライト」のみ購入するとよいでしょう。逆に自宅の照明環境に不安がある場合には、間接照明として「デスクライト」や「モニターライト」の導入を検討することをおすすめします。

なお、照度がテレワークに適しているかどうかは、モバイルアプリを利用すると簡単に計測できます。テレワークに適した明るさについては別の章でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▲「テレワークの適切な照明環境」の章を見に行く

 

広範囲に照射してくれるかどうか

ワークスペースのライトを選ぶ際には、「照射可能な範囲」にも注目するとよいでしょう。特にデスクの上に資料やノートなどを広げてパソコン作業を行う方には、デスク全体を明るく均一に照らせるライトが適しています。

というのも、パソコン画面の明るさとデスクの資料周辺の明るさの差が大きい場合、視線を移すたびに瞳孔が収縮を繰り返すことで目に疲れを感じやすくなります。そのため、部分的ではなく広範囲に照射できるライトを導入するほうが目に負担が少なく、より快適にテレワークを行えるでしょう。

 

作業内容に合わせて調光・調色ができるかどうか

先述した厚生労働省のガイドラインでは、作業しやすい環境として「ディスプレイと書類の明るさが著しく異ならないように」「手元周辺の明るさは300Lx以上」と提示されています。

しかし、集中しやすい明るさとなると少々異なり、脳を総合的に働かせるために必要な照度は「約1000Lx~1200Lx」です。また、色温度も「約3000K~5000K(※2)」の青みがかった白い光が適していると言われています。

※2:K(ケルビン)とは色温度とも呼ばれています。光の色を表す指標です。

このような集中しやすい明るさは短時間であれば効果的ですが、長時間のテレワークでは疲れる原因になりやすいため注意が必要です。そこで、目に優しい環境と集中しやすい環境のどちらも重視したい場合には、「調光・調色機能のあるライト」を取り入れるとよいでしょう。

調光・調色機能によって光の明るさや色を変更できれば、基本的には目への優しさを最優先で光を調節し、「大事な資料を作成するときは青白く明るい照明にする」などと使い分けながら作業を進められます。

 

目に負担の少ない自然光の再現性が高いものを選ぶ

上記において「青白い光は集中しやすい」とお伝えしましたが、目への負担を重視したい方には「自然光に近い光」のほうがおすすめです。目安として自然光の再現性を表す「平均演色評価数」がRa80以上(※3)のものを選ぶと、目に優しいテレワーク環境を整えられます。

※3:Ra(アールエー)照射したときの物の色が自然光に近いかどうかを表した指標。高いほど再現性が高いという評価になります。

 

置いても邪魔にならないデザインかどうか

サイズやデザインに注目することも、自分に合ったライトを選ぶひとつのポイントです。特にリビングの一角など限られた空間でテレワークを行っている方は、置いても邪魔にならないような「コンパクトですっきりとしたデザインのもの」を取り入れるとよいでしょう。

また、コンセントタイプやコードレスタイプなど設置方法もさまざまなので、自宅のテレワーク環境に適したタイプを見極めましょう。たとえばライトを設置する場所の近くにコンセントがない場合、あるいはコードにつまずく恐れや邪魔になる可能性がある場合には、コンセント不要で利用できるコードレスタイプが向いています。

ライトの設置方法の種類はこちらの記事でも紹介をしていますので是非ご覧ください。

テレワークにおすすめしたいデスクライトの活用方法

指を立てるサラリーマン

 

可動域が広いとできると活用方法が広がる

テレワーク向きのライトとして「デスクライト」「リングライト」「モニターライト」の3種類をご紹介しましたが、どの種類を導入しようか迷う場合は「可動域の広いデスクライト」がおすすめです。可動域の広いデスクライトなら照らす場所を自在に変えられるため、モニターライトのようにモニター上からキーボード周辺を照らしたり、書類作業の際にはデスク周りを照らしたりと、角度の調整によってそれぞれのシーンに適した照明環境を整えられます。

また、可動域の広いデスクライトは自分に光が当たるように設置することも可能なので、WEB会議用のリングライト代わりに活用してもよいでしょう。特に調光・調色機能が付いている場合は光の強さや色を調節し、印象よく見えるように工夫することがポイントです。

ただし、本来デスクライトは顔を照らすために作られているものではありません。使用方法によっては目の疲れや不調を招く恐れもあるため、十分に注意してご活用ください。

デスクライトの選び方はこちらの記事でも紹介しています。

コイズミおすすめのテレワークデスクライト3選

1.ECOレディ搭載型:「LEDモードコントロールツインライト」

左右のセード(※4)がそれぞれ45度まで動かせるのが特徴のライト。左右のセードを手前に出すことでデスクの隅々まで広範囲をしっかり照らします。

※4:光源から出る光を制御するために被せるカバーはセードと呼ばれています。

利き手と反対側のセードを45度手前に動かすと、ノートに字を書く時にできる影などの手暗がりを防ぎます。

また、片側ずつON-OFFできるので、パソコンモニターを置いた方のセードの光源を消すことで、モニターの明るさの反射を防ぎます。

調色は3モード、それぞれ調光2段階にできます。

 

 LEDモードコントロールツインライトが置かれた部屋

 

LEDモードコントロールツインライト LEDモードコントロールツインライト可動域の図

詳細を確認する

 

2.自然光を再現:「太陽光スペクトル LEDデスクライト」

太陽光スペクトルLEDデスクライトが置かれた部屋

高演色性LED素子「SunLike」が搭載された自然光に近いデスクライトです。平均演色評価数はRa97で、青空の下で見えるような本来の色を再現します。文字も見やすく集中力を妨げずに使用できるのが特長です。ブルーライト波長域を自然光レベルまで削減し、また輝度(※5)が4664cd/㎡と従来の製品の4分の1以下にまで低減し(当社比)、「まぶしくない目に優しいあかり」を実現しました。

※5:輝度:光源の明るさを表す心理物理量のひとつで、ある面から反射された光が、ある方向から見ている人の目にどれだけ届いているかを表します。

また、HCL(ヒューマン・セントリック・ライティング)(※6)の教えに則り、人に優しい明かりをというコンセプトで開発しました。

※6:HCLとは「人が中心の照明」というアメリカやヨーロッパでも広がりのある概念で、照明の明るさや色などの調整によって照明下で過ごす人の生活リズムを改善したりすることを考えるための概念です。

調色は3モード、調光は3段階で切り替えが可能です。

また本記事の「テレワークに適切な照明環境」という項目の中でもご紹介した厚生労働省のガイドラインには、作業時間や作業休止時間に関しても言及がされています。

ガイドラインによると、

「一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に 10 分~15 分の作業休止時間を設け、かつ、一連続作業時間内において1 回~2回程度の小休止を設けるよう指導すること。」

とあります。

これは連続した作業を長時間行うことで生じる心身への疲労を調査した研究結果に基づいて提示がされています。

コイズミの太陽光スペクトルLEDデスクライトには、「45分タイマー機能」があるため、45分間作業に集中し、10分~15分休憩をして、また作業をする。というように時間を意識して作業に取り組むこともできます。

目に優しいだけでなく心身にかかる負担を少なく作業をしたいと考えている方にはおすすめのデスクライトです。

出典:情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて|厚生労働省

※なお上記ガイドラインは令和3年12月1日に一部改正されています。上記ガイドラインを参照する場合には下記の「新旧対照表」も併せてご確認ください。

参照:「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて」新旧対照表|厚生労働省

 

太陽光スペクトルLED LED波長の比較図

 

3.スタイリッシュでコンパクト:「イルミネーター」

イルミネーターを置いている部屋

洗練されたシャープなデザインはデスクをすっきりとさせたい方におすすめです。発光面を拡散する「凹型断面拡散レンズ」が搭載されていてテレワークにあった明るさを確保します。折りたたみ式のライトなのでインテリア性も高いのが特長です。折りたたむと、インテリア性を意識したアンビエント照明としてお使いいただけます。

調色は3つのモード、調光は5段階に調整が可能です。

イルミネーター イルミネーター可動域の図 イルミネーター アンビエント照明

まとめ

テレワーク用のライトを選ぶ際には、用途を考慮したうえで「目に負担のかかりにくいもの」「邪魔にならずにすっきりと設置できるもの」に注目することがポイントです。また、可動域の広いタイプや調光・調色機能付きのタイプを取り入れると、シーンに合わせて快適に、そして便利に利用できるでしょう。

コイズミでは、テレワークに最適なデスクライトをバリエーション豊かにご用意しております。あらゆるお部屋に馴染みやすいシンプル&スタイリッシュなライトが揃っているので、ぜひ以下のラインナップからご自宅に合うタイプを見つけてみてください。

コイズミのデスクライトはこちら

また、別の記事ではテレワークに合う学習机、テレワークデスクもご紹介していますのでライトと合わせてテレワークデスクをご検討の方はそちらもぜひご覧ください。

特集記事の対象商品シリーズ

  • 電球色光源のみ休憩モード

    デスクライト ECOLEDY

    コイズミデスクには光の質を考えたLEDライト「ECOレディ」を搭載しています

  • 太陽光スペクトルLEDデスクライト

    ブルーライトカットで目にやさしいあかり・自然光に近いRa97の演色性

  • LEDライト

    調光・調色が可能。お好みの光の色をお選びいただけます。

特集記事の対象商品

  • LEDモードコントロールツインライト

    光の質を考えたLEDライト「ECOレディ」の最高上位モデルです。比較サイト「マイベスト」にて『徹底比較デスクライトのおすすめ人気ランキング17選』でNo.1ベストアイテムに輝きました!

    商品詳細はこちら

  • 太陽光スペクトル LEDデスクライト

    高演色性LED素子「SunLike」搭載 自然光に近い光の太陽光スペクトルLEDデスクライト

    商品詳細はこちら

  • LEDライト 『イルミネーター』

    発光面を拡散する『凹型断面拡散レンズ』を搭載しています。

    商品詳細はこちら

TOP